工場で行われる流れ作業とは具体的にどのようなもの?

作業員がそれぞれ一つの工程を担当して完成させる

工場で働き始めると、流れ作業に従事することが少なくありません。流れ作業はライン業務とも呼ばれます。文字通り、人が線のように並び、そこを製造する物が通過していって、段階を経て組み立てが行われ、ラインの最後で完成するのです。

流れ作業の特徴として挙げられるのは、作業員が一つの工程を任されるという点です。製品を組み立てるための作業をみんなで分担することで、効率よく、そして早く完成させることができます。また、作業員の集中力が続きやすいのもメリットです。もし、一人の作業員が最初から最後まで組み立て作業を行った場合、途中で飽きて一気に製造ペースが落ちることが考えられますが、流れ作業の場合、作業を遅らせると一つ前の工程を担当している作業員にあおられることになるので、それを避けるために作業ペースが落ちにくいからです。

不器用な人でも役割はある

また、流れ作業は手先が器用だったり、不器用だったりする人が同じラインにいたとしても、仕事をうまく振り分けることで足を引っ張る人を出さないようにできるという効果もあります。

たとえば、ラインの最初に位置して箱から基板などを取り出して並べていくという作業なら、どんなに不器用な人でもそれほどまごつくことなくできるでしょう。ラインの最後に位置して、完成品を台車に載せて倉庫に運んでいくといった仕事もあります。

したがって、自分はあまり器用ではないので工場での仕事ができるかどうか不安という人であっても、それほど心配する必要はないでしょう。

テクノスマイルの求人情報なら