英語大好き!英語を生かせる職場へ転職するときの注意点!

英語が得意!だから仕事も外資系に!

英語が得意!英語大好き!これからはグローバルの時代になるから、英語を生かせる外資系に転職したい!そう思っている人が「とにかく英語を使った仕事を!」と意気込んで転職した結果、「こんなはずじゃなかった」と落胆してしまうこともあります。

考え方が違う!日本と海外の仕事の捉え方の違い

外資系は、海外の仕事のスタンスがそのまま日本に流れています。「いざ業務!」というときに、風土の違いによる戸惑いが大きく、日本では「当たり前」のことがまったく通用しないこともしばしばあるのです。例えば「努力が実を結ぶ」「上司がしっかり見守ってくれる」ということよりも「結果がすべて」という世界になります。転職前にしっかりと企業の実情を把握しておきましょう。「すべては自分次第」そんな外資系企業ですから、個人で情報収集することも大切ですが、外資系企業の求人に強いエージェントを利用することも一つの情報収集としてはオススメです。

勤務時間はずっと英語でコミュニケーション

日本人が英語で一番不得意とするのはスピーキング。どんなに話しても、話しても伝わらない!それでも仕事は、打ち合わせから雑談から、何もかもが英語!そんな会社は少なくありません。能力があれば昇格し、年収も上がるにつれて、上司も同僚も取引相手も英語ネイティブということも。英語力にさらに磨きをかけたい人にとっては素敵な環境かも知れません。

メールだって、グローバル対応!

外資系は日本企業と仕事のスタンスが違うので、読みにくい英語や内容だと返事をくれないばかりか、読んでもくれないという悲劇が待っています。このように、一口に「英語」といってもさまざまなスキルを日々磨く必要があるのです。

英語の転職先を探しているのであれば、どのような仕事なら英語が活かせるのか考えるようにしましょう。そこで転職サイトを活用して、条件を絞って探していくのも1つの手です。